医療系の求人について書いているブログです

薬剤師需要に変化が

[2017-06-27 16:25:14]

医療系求人の中でも、薬剤師は安定した求人需要があるとずっと考えられてきました。病院や診療所のない地域というのはそうそうありません。田舎でもほぼ必ず存在します。そしてドラッグストアも都会から田舎までたくさんありますよね。そのため、長く薬剤師は売り手市場とされてきました。それが近年では、事情が変わってきているようです。

薬剤師の需要が変わってきたのは、薬学部の設立が相次ぎ、薬剤師の資格を取得した人口が一気にあがったこと。また、登録販売者制により薬剤師の需要そのものが減ったことにあります。田舎の方では依然として薬剤師不足が続いていますが、都市部では徐々に飽和状態となっています。今後、薬剤師が都市部で就職先を見つけるのは困難になっていくでしょう。

一方で、製薬会社など、高度な技術を持つ薬剤師への需要はますます高まっています。最近では健康食品・サプリメントメーカー、化粧品メーカー、医療機器メーカーなど、薬剤師が新たに活躍できるステージが増えているという背景もあるのです。もちろん、調剤薬局などに努めるのとは別のスキルも求められることになりますが、薬剤師を目指す方はそういった分野への就職も視野に入れておくといいかもしれません。

元々、薬剤師は女性が半数以上であり、結婚や妊娠・出産などにより休職する方も多い職場です。必然的に人の入れ替わりが多いということでもありますので、都市部で薬局への就職希望の方も諦めずにチャレンジしてみると良いかもしれません。

イチオシ